■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■

   
ヘルメットを脱いだ選手たち(Vol.4:LB9 根津選手)
普段はフィールドでしか見かけることのない選手たち。
そんな彼らも、フィールドを一歩出ると一介の社会人です。
ヘルメットを脱いだ彼らの姿をリポートするコーナー、「ヘルメットを脱いだ選手たち」。
第四回はサイクロンズディフェンスをその天然キャラでグイグイ引っ張る野生児、LB9番 根津選手です。


続きを読む ≫


根津選手の仕事の内容を教えてください。
静岡県内にある消防署で消防吏員をしています。
これまでは主に現場で「救助・救急業務」に従事してきましたが、今年から「通信指令室」という部署で仕事をしております。
通信指令室は、24時間体制で119番の受信を受付、各種災害の発生を覚知し、サイレンとともに出動する消防・救急・救助隊と同じ緊張感を持って電話でのプロトコール(口頭指導)や、部隊運用、支援情報の提供、病院選定などを行い、スムースな災害対応ができるようにするのが仕事です。

うっ、根津がマトモな言葉を発している・・・
(気を取り直して)ファイヤーファイターですね。人の命を預かる現場ですから、緊張が続いて大変でしょうね。

では仕事をしていて、一番充実していると感じるときは?
緊急通報は、命のリレーのスタートサイン。
深刻な災害現場からの声、命のリレーが見事にバトンタッチされ、社会復帰にゴールした声などを聞くとやりがいを感じますね。

おぉ、「命のリレー」ですか。すばらしい響きです。
では逆に、仕事をしていて、一番つらいと感じるときは?
様々な現場に立ち会いますが、現場で大量の血を見たり、汚物をみてもつらいと思ったことは正直ないですが、あるとすれば仮眠室が大部屋なのでイビキがうるさくて大事な仮眠が取れないことくらいかな?
まぁすぐ慣れますが。

さすが、修羅場に立ち会うだけに度胸はオールジャパン級ですね。
そんな緊張感の続いている仕事でのストレス解消法は?
食+睡眠でストレス解消が多いですね。
自然薯掘って→美味しく食べて→寝る。最近はこれかな。

あー、やはり天然ですね。
では、フットボールと仕事との両立はどうしていますか?
24時間勤務の後に練習や試合がある時は正直きついですが、ハートで頑張ってます。
一昨年(2005)のベアーズ戦の時には、朝まで救助活動して臨んだのですが、ヘロヘロで身体が攣りまくりでした。
あとは、家族の支えがあってこそのフットボールだと思っています。
24時間勤務で家族と顔を合わせることも少ない中、嫌な顔せず送り出してくれる家族には頭が上がりません。
仕事・家族・フットボールの三本立てですね。

最後に、自分にとって仕事とは?
自分の存在意義を確かめる手段。
仕事を通じて自分自身が成長できたらええなぁ(better)と思ってます。


(自然薯堀りに精を出す根津選手)

練習でも試合でも、その天然キャラかつ野性味溢れるプレーで、チームにモメンタムをグッと引き寄せる根津選手ですが、普段は命を預かる緊張感溢れる現場で戦っています。
フットボールで発揮されるその野性の勘は、きっと現場での緊張感から生まれたものなのでしょう。
これからもよく食べ、よく眠り、野生の勘を磨いてください!
≪ 続きを隠す
| ヘルメットを脱いだ選手たち | 09:00 AM | comments (0) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく

   
ヘルメットを脱いだ選手たち(Vol.3:LB56 服部選手)
普段はフィールドでしか見かけることのない選手たち。
そんな彼らも、フィールドを一歩出ると一介の社会人です。
ヘルメットを脱いだ彼らの姿をリポートするコーナー、「ヘルメットを脱いだ選手たち」。
第三回はサイクロンズディフェンスの生ける伝説、LB56番 服部選手です。


続きを読む ≫


服部選手の仕事の内容を教えてください。
私の仕事の内容は某製薬会社の営業です。
愛知県中心に展開しているドラッグストアを担当しております。
仕事の内容は、本部商談と各店舗を訪問しながら、「如何に自社製品を売って頂けるか、売れるようにするか」を売り場チェックやスタッフ様とヒアリングを行ったりしております。
最終的な目的は、私の会社の商品でお得意様、生活者の皆様が喜んで頂くことですからね。

営業マンさんですね。
服部選手のことですから、ブリッツ一直線な営業スタイルなんでしょうね!

では仕事をしていて、一番充実していると感じるときは?
やはり、自分の行動が認められることですね。
例えばお得意様であれば、「この前、言ってもらった通りやったら売れたよ」等のお礼を言葉を頂いた時ですね。
会社であれば、単純な事ですけど、上司から誉められたりした時ですね。

そうですかぁ、上司に褒められたときとは意外に素直な一面が見られますね。
では逆に、仕事をしていて、一番つらいと感じるときは?
どの業界も厳しい環境だとは思いますが、特にOTC薬(薬局薬店様のお薬)市場は縮小傾向になり、どのエリアもオーバーストア状態で、競争が激しい状態です。
その環境の中で自分の担当のお得意様の要望に応えることができなかったり、自分自身思い通り成果が上げられない時は、正直辛いです。

なるほど、(自称)天才服部選手でも辛いと感じるときがあるんですね。
仕事のストレス解消法は?
フットボールです!と言いたいところですが、やはり家族と一緒にいる時です。
家に帰ってきて、家族の顔を見るとやはり癒されますね。ホッとしますよ。
僕を一番応援してくれる人達ですからね。
あとは、ボーとテレビを眺めるのもストレス解消ですね。

おぉ、マイホームパパ全開ですね。
では、フットボールと仕事との両立はどうしていますか?
両方とも、色んな局面で、協力してもらってますね。
どうしてもフットボールを優先させたい時は、正直に上司、同僚に相談して、休日出勤を調整してもらったりしますし、仕事を優先する時は、サイクロンズの仲間に協力してもらっていますから、自分ひとりで成り立たせている訳ではないので、あまり大きな事は言えませんけどね。

最後に、自分にとって仕事とは?
常に私は家族、仕事、フットボールのトライアングルを大事にしようと考えてます。
どれも欠けないよう犠牲にしないよう、バランスを保てるよう。
その点で自分の人生において、納得行く方向へ進む為に不可欠なものと考えてます。


(服部選手を支えるご家族の皆さんと一緒)

ゲーム中の大胆かつ緻密なプレースタイルとは裏腹に、家庭ではよき家庭人、そして職場ではがんばる営業マンとして活躍する服部さん。
衰え知らずのそのパワーの源はご家族の皆さんの支えあってのものでした。
これからも家庭で職場で、そしてチームにおいてもスーパーマンでいてください!
≪ 続きを隠す
| ヘルメットを脱いだ選手たち | 09:00 AM | comments (0) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく

   
ヘルメットを脱いだ選手たち(Vol.2:RB33 森川選手)
普段はフィールドでしか見かけることのない選手たち。
そんな彼らも、フィールドを一歩出ると一介の社会人です。
ヘルメットを脱いだ彼らの姿をリポートするコーナー、「ヘルメットを脱いだ選手たち」。
第二回はサイクロンズを昼も夜も支える頼れるお兄さん、RB33番 森川選手です。


続きを読む ≫


森川選手の仕事の内容を教えてください。
私の職場は、名古屋市南区にあります大同工業大学です。
工学部と情報学部からなる学生数3000人規模の工科系大学です。
現在は、教務室という部署に所属しています。教務室とは、大学の授業運営面で最も重要な部署であり、授業時間割、成績管理、学籍管理等の授業運営に関することの取りまとめをしています。
私はこの教務室に配属になり2年目ですが、主に学籍管理、試験運営、教職関係等を担当しています。
皆さんが、学生時代に目にしたであろう大学の事務のカウンターの中にいる人が私の仕事です。

あー、私の大学時代もいました、よくケンカしましたが・・・
仕事をしていて、一番充実していると感じるときは?
卒業生達と飲むときですね。
仲の良い学生ともたまに飲みに行くことはありますが、その子達が卒業しても誘ってくれて、彼らの仕事の話や、学生時代の昔話をしているときが一番充実していますね。
自分がこの仕事をしていたことによって、少なからず彼らの人生に関われたわけですからね。
卒業した彼らとは、社会人として立場は同じですから、彼らを大人になったなぁと思う瞬間でもあります。

なるほど、学生達と卒業後もコミュニケーションを図れるとは、さすがですね。
では逆に、仕事をしていて、一番つらいと感じるときは?
基本的にプラス思考なのでつらいと感じるときはそんなにないですが、あってもここでは言えないですよ。
皆さんに比べれば、恵まれている職場だと思います。

仕事のストレス解消法は?
やっぱりアメフトですかね。
学生時代は練習がいやでいやでしょうがなかったですが、今はアメフトをしている時間は充実していますね。
練習が無いときも基本的には外にいますよ。キャンプに行ったり、ウェイク行ったりアウトドアで気分転換しています。
そんな時も、チームメイトと一緒のことが多いですが。あとは、皆と飲むことですね。

アクティブ全開ですね。
そんなフットボールと仕事との両立はどうしていますか?
大学の行事予定というのは毎年同じサイクルで回っいますので、忙しい時期というのは毎年決まっています。
だから、そういう時期の予定はあらかじめそれに対応して組みますし、それ以外は、勤務時間内にできるだけ業務を片付けられるよう心掛けています。
よって、週末の練習も平日のトレーニングもほぼ年間通して予定通りにこなしています。
だから、フットボールと仕事の両立をそれほど苦労だと感じたことはないですよ。
ただ、大きな怪我だけはしないようにとは思っています。怪我で職場に迷惑だけはかけたくないなと。

すばらしい!
では最後に、自分にとって仕事とは?
「大同工大無くしてサイクロンズ無し」というくらいにチーム全体で大同工大にはお世話になっているので、本当に今の職場には感謝しています。
この仕事をしていると、相手にする学生の年齢はいつも同じ年代なので、気持ちがいつまでも若くいられます。
自分にとって仕事とは、「若さの源」です。


(アメリカ短期留学で学生を引率する森川選手)

サイクロンズだけでなく、大学の学生たちにも慕われる、頼れるお兄さんっぷりを発揮している森川選手。
その若さの源をチーム全体にもおすそ分けしてください!
≪ 続きを隠す
| ヘルメットを脱いだ選手たち | 09:44 AM | comments (2) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく


PAGE TOP ↑