■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■

   
ヘルメットを脱いだ選手たち(Vol.1:OL70 内藤選手)
普段はフィールドでしか見かけることのない選手たち。
そんな彼らも、フィールドを一歩出ると一介の社会人です。
ヘルメットを脱いだ彼らの姿をリポートするコーナー、「ヘルメットを脱いだ選手たち」。
第一回は2007サイクロンズキャプテン、OL70番 内藤選手です。

続きを読む ≫


内藤選手の仕事の内容を教えてください。
愛知県内にある大学や専門学校の体育実技を中心に、非常勤講師をしています。

体育の先生ですね。
では、仕事をしていて、一番充実していると感じるときは?

学生たちが、楽しそうに授業に取り組んでいる時です。

金八先生のように模範的な回答ですね。
では、仕事をしていて、一番つらいと感じるときは?

ふとしたことで授業の雰囲気や流れが悪くなって、改善しようとしてもやりきれなかった時。
自分の力量のなさを痛感します。

真面目一本槍ですね。
そんな仕事のストレス解消法は?

通勤の車の中で、お気入りの音楽やラジオを聴くことです。
あとはたまにコンビニで買うリプトンのミルクティとうまい棒です。

うまい棒!意外にかわいい解消法ですね。
フットボールとの両立はどうしていますか?

残業があまりない仕事なので、フットボールに割く時間は作りやすいと思います。
トレーニングは勤務先の施設を授業後に使わせてもらっています。
ただ、試合や練習の疲れや余韻を学生の前ではできるだけ見せないようにしています。
たまに明らかに動きがおかしい時もありますが。

うらやましい限りですね。
では最後に自分にとって仕事とは?

人と接する、人に伝えるという事の大事さと難しさを考えさせられる場です。



仕事もフットボールも生真面目な、内藤選手の性格がそのまま伝わってくるインタビューでした。
これからもよき先生、そしてよき主将として、がんばってください!

≪ 続きを隠す
| ヘルメットを脱いだ選手たち | 05:21 PM | comments (2) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく


PAGE TOP ↑