about

recruit

schedule

result

member

photo

blog

cheer

cyporter

ssponsor
■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■
 

   
2018シーズン注目選手 vol.11
10月18日(木)

_________________

 OFF / DEF コーチより選出された
 今シーズンの注目選手をご紹介!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2018シーズン11回目の更新に選出されたのは…





OL #73 根岸恵佑選手です!




本文は《続き》にて




続きを読む ≫
ーーーーーーーーーーーー


日頃より名古屋サイクロンズを
応援していただきありがとうございます。

先日のサイドワインダーズ戦で
ビッグプレーを見せた DB#3 石田さんと
同じ立教大学出身・OL#73根岸恵佑です。




昨年 大学卒業と共に部活を引退し
社会人でアメフトを続けるか迷っていましたが
やらない後悔よりやる後悔だ!と思い
サイクロンズへの加入を決めました。

サイクロンズでは個性的なOLの諸先輩方の元、
のびのびプレーさせてもらっています。





オフェンスラインは〝縁の下の力持ち〟
と呼ばれることがあります。

まさしく 実際の試合や練習では
「出来て当たり前、やって当たり前」が
常に求められます。

そして 試合中にOLに注目が集まる時というのは
プレー中のミスや反則をした場合が多く
良い意味での 目に留まるプレー というのは
なかなかありません。それがOLです。


それでもOLとして選手を続けられているのは
本当にアメフトというスポーツが好きだからです。




アメフトの面白さは
力=勝利ではない所 だと私は思ってます。

 相手が何をされたら嫌なのか
 相手は何をしたいのか

それを考えることで勝利に近づくことができる
とても奥の深いスポーツです。




今シーズンの名古屋サイクロンズは
プレーオフ出場&勝利を目標に
チーム一丸となって戦ってきました。


しかし 現状として第5節までの結果により
目標としていたプレーオフには
出場出来なくなってしまった状況にあります。


オフェンスユニットは、今シーズン全体として
なかなか得点までが遠い試合運びとなりました。

チームの目標達成には至りませんでしたが
最終節こそ、オフェンスユニットで勝ちます!





次節のBULLS戦は、サイクロンズが
来シーズン以降どの様なチームになっていくか
問われる試合だと思います。


東海地区を代表するチームとして
その名に恥じぬ試合をし、
普段応援いただいている皆様とともに
笑顔でシーズンを締めくくります!


応援のほどよろしくお願いします!



(以上)




≫ 過去の 2018シーズン注目選手 はこちら↓

vol.01:RB#26 三浦直己選手

vol.02:DL#97 真置林現選手
 
vol.03:OL#76 山崎浩平選手

vol.04:LB#04 添島直希選手

vol.05:WR#01 神谷壮哉選手

vol.06:DL#91 工藤雄太選手

vol.07:WR#18 松原翔一選手

vol.08:DB#03 石田和也選手

vol.09:WR#16 鈴木健太選手

vol.10:DB#24 宮地智博選手


≪ 続きを隠す
| From Manager | 07:54 AM | comments (0) | trackback (x)

  この記事をTwitterでつぶやく


PAGE TOP ↑