■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■

   
ヘルメットを脱いだ選手たち(特別編Vol2:DB中村選手)
東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
名古屋サイクロンズ一同、復興を心よりお祈りしています。

前回より特別編としてお送りしている、「ヘルメットを脱いだ選手たち」シリーズ。
今回も被災地での支援活動に携わったメンバーからの報告をお届けします。

Vol.2では国立病院機構名古屋医療センターに勤務する「DB#28中村清英」選手の報告を写真とともにお送りします。



***************報告ここから***************

続きを読む ≫
名古屋サイクロンズDB#28中村です。
今回、私の職場である独立行政法人国立病院機構名古屋医療センターでは、3月14日から1週間の期間で被災地において支援活動を行いました。
私は、医療班第1班の責任者として被災地にて活動させて頂きました。

岩手県の花巻市では現地の情報収集、釜石市では情報収集と各避難所での診療及び診察の補助、下閉伊郡山田町では診療機能の引継ぎ・病院機構としての診療拠点の確立・診療及び診察の補助を行いました。

今回は医療支援を行った山田南小学校における活動を中心に、報告させて頂きます。


  
釜石市、山田町は沿岸部に位置していた為、壊滅的な被害を受けていました。



一方、山田町役場は沿岸部から若干離れており一段高い場所に位置していた為、建物に被害はなく、何とかその機能を維持しています。
周囲は前日までの火事がくすぶっている状態です。


 
避難所となっている山田南小学校です。加えて、他の避難所から毎日マイクロバス等で診察を希望される方が訪れる診療の拠点となっていました。避難されている方は約850名で、多くは高齢者の方です。
私たちが到着した当時、電気・ガス・水道のライフラインはすべて使えない状態でした。(現在、電気・水道は回復しているそうです)



学校の時計は、すべて震災発生の時間で止まっています。



写真は診療機能を引き継いだ後のものですが、発災当日から地元の医師の方が診療を開始・継続されていました。
昼夜を問わず診療されていたそうで、私たち医療班が到着して診療を交代してから初めて避難所を出ることができたそうです。
町や自宅の状態を確認し愕然とした、と話されていました。

災害医療の概念では「慢性期」と呼ばれる時期であり、持病の悪化や避難生活による体調不良が多く、診療の中心は診察と処置が中心です。
特別な治療を必要とする患者さんは、消防に協力を依頼し宮古市等の病院に搬送してもらいました。
また、内服薬を家もろとも流された方が多く、処方を求める方が1日300~500名程度、訪れてきました。


 
薬剤が全く足りない為、損壊した薬局から薬剤を掘り起こし、プールの水で洗い、拭いて使用している状態です。
薬剤師・看護師・保健師等の医療スタッフはすべて地元の方で、被災者であると共に、被災地を支える医療者でもあります。


被災地では『ご苦労様』『お疲れ様』と、声を掛けられた事が印象に残っています。
声をかけてくださったのは、一番辛さを感じているはずの被災者の方々からです。
また、自分達も被災者であるにも関わらず、国や地方自治体からの支援が入る前に診療を開始し、診療形態を確立していた地元医療関係者の努力には頭が下がるばかりでした。

今回は被災地の方々に直接、医療班として現地で活動する機会を頂きましたが、今も多くの方が避難所生活を強いられている状態であり、やり切れない思いです。
また振り返ると、自分たち医療班の活動は、被災地の方々に対し十分な支援ができていなかったのでは、と考える事が多々あります。
この振り返りを生かしつつ、現在も活動している当院医療班の後方支援を通し、被災地の方々の支援を継続していきたいと思います。

もちろん、被災地に赴くことのできない方、通常の生活を送ることができている方にもできることはあります。
義捐金や支援物資の提供ももちろんですが、今ある命を精一杯生き抜くこと、これも大切なことだと思います。
サイクロンズでの私は一人の選手として、プレーを通じて人々を勇気づけることができるよう頑張っていこうと思いを強くしました。

***************報告ここまで***************


多くの写真とともに、現地での状況を伝えてくれた中村選手。
命を預かる仕事としての責任を強く感じました。

名古屋サイクロンズは、アメリカンフットボールももちろんですが、社会貢献活動に加えて被災地支援活動も行っていく予定です。

フットボーラーである前に人間たれ。

みなさんにご協力をお願いすることもございますが、宜しくお願いいたします。
≪ 続きを隠す
| ヘルメットを脱いだ選手たち | 12:07 PM | comments (0) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく











http://www.cyclones.jp/cyclonesblog/tb.php/301

PAGE TOP ↑