■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■

   
2018シーズン・選手からのメッセージ
12月30日(日)

今年もあと1日となりました。

ファンクラブ会員・CYポーターの皆様には
年内最後のメールマガジンが届いたかと思います。


先日 12/8(土) には 2018シーズン納会が行われ、
12/22(土) のイベントで年内の活動を終了いたしました。



2018シーズンを共に戦ってくださったファンの皆様へ



本日のブログでは キャプテン、バイスに加えて
今シーズンを以てサイクロンズを離れる選手より
2018シーズンのメッセージをお届けします。



本文は《続き》にて



続きを読む ≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
キャプテン・バイスキャプテン
4名からのメッセージ
_______________



【#10 永井選手】



いつも多大なるご支援ご声援ありがとうございます。
#10 永井です。

今シーズンも一緒に戦っていただきありがとうございました。

目標とする結果が達成できず 非常に悔しいシーズンでしたが、
チームとしての手応えも少なからず感じることができたシーズンでした。

シーズンの初めでしたが 初戦に大事な試合を
ものにできたことは成長ではないかなと思います。

来シーズンからリーグ編成が変わることで
難しい試合が多くなると思いますが、
まだ戦ったことがないチームと戦えることにワクワクしています。

サイクロンズはまだまだ未熟なチームですが
延びしろは大きいチームだと思っています。
来シーズンも頑張りますので応援よろしくお願いいたします。





【#19 丹後選手】



いつも暖かいご声援ありがとうございます。
2018年度バイスキャプテンを務めさせていただきました、丹後です。

前年を上回る結果を目指した一年でしたが、
力及ばず、大変申し訳ございませんでした。

振り返ると、スローガンに「change」を掲げていましたが、
チームの基盤が少し変わったと思います。
これは、勝ちたい、変わりたいという選手一人ひとりの気持ちが
形になったものです。

2019年はリーグ編成が変わり、例年より更に強いチームと
レギュラーシーズンに戦うことができます。

環境が変わり、リーグが変わり、あとは昨年よりさらに
取り組みや仕組みを変えて試合に臨むのみです。

皆様からのご支援のもとに、
2019年度もサイクロンズは新たな一歩を踏み出す所存です。
変わらぬご声援を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。





【#72 武内選手】



いつもご声援いただきありがとうございます。
2018年副将を務めさせていただきましたOL72の武内です。

今シーズンは目標にしていた
〝プレーオフ進出〟には届きませんでした。

しかし、新人が多く加入しチームに新しい風を入れてくれました。

2019年は一勝でも多くできるように
チーム一丸となって戦って参ります。

変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。





【#25 吉田選手】



今シーズンは改めて大事なことに気づかされました。

『チーム力が何よりも大事だという事』
『個々の力だけではダメだという事』

たくさん気づかされました。

思い描いている結果を出すことはできなかったですが
確実にチームが成長していることは確信しています。

こうしてチームが当たり前のように存在し
毎年進歩していけることはすごく嬉しいことで
それも皆様の力のおかげだと感じています。

今後ともサイクロンズをよろしくお願いします。







 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 引退者4名からのメッセージ
_______________


当ブログをご覧いただいているファンの皆様と共に
各選手との思い出に心通わす機会に出来たら……と思い、
コメントに添えて『思い出の写真』を選出していただきました。
選手からのメッセージと併せてご覧ください。




【OL#50 島幸司選手】



スポンサー様、CYポーター様、ファンの皆様、
いつもサイクロンズにご支援・ご声援頂き、ありがとうございます。
OL#50の島です!

この度は転勤に伴い、引退する事となりました。

サイクロンズでは9年プレーさせて頂きました。
思い出は沢山ありますが、私の中で最も印象に
残ってる試合は 2012年リーグ戦のパナソニック戦です。
1Q終わって3-7。
「勝てるかも!」とドキドキしていました。

しかし結果は・・・



当時に比べ、今のサイクロンズは格段に強くなっています。

一歩ずつ着実に進んで行くよう邁進していきますので、
引き続きのご声援をよろしくお願いします。

遅くなりましたが、この場を借りてご挨拶とさせて頂きます。
ありがとうございました。



『思い出の1枚』レジェンド達と一緒に戦った事


数年前の試合中、QB小山さん・RB森川さんの
2大レジェンドを必死に守り続けました。

この後 小山さんはBullsへ移籍され、森川さんは選手を引退。
選手もガラッと変わり 今のサイクロンズは
まるで別のチームのようになりました。

これからも名古屋サイクロンズがより一層
発展し続けられるよう 心から祈っています。





【WR#81 鈴木健之選手】



サポートスポンサー、サイポーター並びにファンの皆様、
今シーズンも応援本当にありがとうございました。

私、鈴木健之は2018年シーズンをもちまして
選手を引退させて頂きます。

アメフトを始めて17年、
名古屋サイクロンズでは10年間お世話になりました。

辛いこともたくさんありましたが、本当に充実したアメフト人生でした。
これもアメリカンフットボールで関わった全ての人に支えてもらったお陰だと思い、感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

これからはこれまでの経験を後世に伝えていくべく活動していけたらと思っております。

名古屋サイクロンズは今、変革期を迎えております。

今シーズンはプレイオフ進出という目標を達成できませんでしたが来シーズンには今シーズン加入してくれた有望な新人も含めこれまでとは違った名古屋サイクロンズをお見せできると思っております。
来シーズンも変わらぬご支援をよろしくお願い致します。

アメリカンフットボールに出会えて人生が変わりました。
アメリカンフットボールという競技に感謝しかありません。
本当に10年間お世話になりました。
そして、ありがとうございました。



『思い出の1枚』警視庁戦 & アズワン戦初勝利



横スタでの試合は、長年一緒に戦った 森川さんの
引退試合と知って臨んだ試合なので
どうしても最後勝って終わってほしかったんです。

死に物狂いで戦って何とか勝てた試合だったので
試合が終わった後色々な感情が込み上げてきて
涙したのを覚えています。




これは自分がプレーしてる写真ではないですが気に入ってます。
アズワン戦の決勝タッチダウンを#8的場が取った後 レシーバーで喜んでる写真です。
この時 永井はサイドラインだったから写ってないのが残念……

もしこのタッチダウンがなかったらアズワンに勝ててなかったので、本当に自分のことのように嬉しかったタッチダウンでした。




【DB#44 石崎慎弥選手】



DB44石崎慎弥と申します。
いつも応援いただきありがとうございます。

私事ですが、仕事の関係でチームを
今年から離れてしまうことになりました。

私はサイクロンズが大好きで、
まだまだ現役を続けたかったです。

素敵な仲間にも出会えました。
社会人になっても青春が送れました。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
チームを一旦離れますが これからも
サイクロンズに関わっていけたらなと思います。
5年間ありがとうございました。



『思い出の1枚』
共に戦った同期との写真




大学に入り アメフトを始めた頃から
引退試合となったBulls戦まで
ずっと同じフィールドで戦い続けた
同期の田口選手。思い出は数えきれません。





【DB#3 石田和也選手】



こんにちは。DB#3石田です。
ファンの皆様、今シーズン応援してくださり
本当にありがとうございました。
メンバー一同勝ちにこだわり臨んだシーズンでしたが、
あと一歩足らない結果となりました。

チームとしては来年も勝ちにこだわり、
戦っていきますので、応援のほどよろしくお願いします。

さて私ごとですが、
今シーズンでサイクロンズを去ることとなりました。

私は2016年から3シーズンサイクロンズの
メンバーとして戦わせていただきました。

チームの力になれたかどうかわかりませんが
この3シーズン自分なりのできることはやれたかなぁ……
とは感じております。

またチームから色々なことを学ばせていただき、
私個人としても大きく成長できたと感じております。

チームメイトはもちろん、
チームを支えてくださるスタッフ、
応援してくださるみなさんには感謝しかありません。

私自身来年度もアメフトは続けていく予定ですので、
今後も日本のフットボール界が盛り上がるように努力していきます。

チームを去ってはしまいますが、
同じアメフトをする仲間として刺激し合えることができれば
私としては嬉しい限りです。

本当に3年間色々なことを
学ばせていただきありがとうございました。
名古屋サイクロンズをこれからもよろしくお願いいたします。



『思い出の1枚』
仲の良かったチームメイトたち



DBは本当に仲の良いパートでした。
最高の仲間と共に過ごせた事が1番の思い出です。




ーーーーーーーーーーーーーーーー


以上、キャプテン・バイス・引退者からのメッセージでした。



厳しい戦いが続いたシーズンとなりましたが
名古屋サイクロンズは新しいシーズンに向けて
すでに動き出しています。

キャプテン・バイス・各パートリーダーや
引退する選手から受け継いだ 技術や心意気を
絶やすことなくチームが発展し続けられるよう
今後も日々の活動に取り組んで参ります。


2018年 沢山の地域の皆様 ファンの皆様に支えられ
また、皆様のお力をいただき 戦うことができました。

熱いご声援、ありがとうございました。


2019シーズンも皆様と共に
1戦でも多く戦うことができるよう努めて参ります。

今後とも名古屋サイクロンズへの
ご支援・ご声援を宜しくお願い致します。



(広報)

≪ 続きを隠す
| サイクロンズからのお知らせ | 02:41 AM | comments (0) | trackback (x)

  この記事をTwitterでつぶやく












PAGE TOP ↑